綺麗を維持出来る【お掃除上手のコーティング】

犯罪を防ぐ

玄関ドアのリフォーム後でも防犯対策はできる

玄関ドアをリフォームすることはよくありますが、玄関ドアを選ぶときは色々なことに注意しなければいけません、ただ単に、見た目がおしゃれだからと言う理由だけで選ばないようにしましょう。 断熱性や防火性が高い玄関ドアを選ぶことは大事ですが、防犯性の高さも非常に重要になってきます。しかし、玄関ドアのリフォームはその工期の短さから、安価でできると思っている人が多いです。ですが、玄関ドアのリフォーム費用は30万円以上かかることがほとんどで、そんなにかかるとは思わなかったと言う人が結構います。 そう言うこともあって、最近では比較的安価なドアに交換して、後から自分でドアの防犯対策をすると言う人が多くなってきました。

1ドア2ロックが基本になる

玄関ドアのリフォーム後、自分でそのドアのセキュリティを強化する場合は、1ドア2ロックが基本と言うことを頭に入れておきましょう。主錠のほかに補助錠をつけることで、侵入に時間がかかるドアにすることができます。もちろん、サムターン回しやこじ開けの対策も施しておくことです。ちなみに、補助錠は外側から見えるようにしておきましょう。 また、素人でも防犯カメラや、モニター付きインターホンを取り付けることは不可能ではありません。これは以外に知られていないことです。確かに、こう言うことは業者に頼まないといけないと思う人はたくさんいます。しかし、自分で取り付けることができれば、材料費だけでいいわけですから、非常に安上がりです。